集中バランス分析の流れ


 自分の持つ力を 集中して発揮する基礎となる
 社員個人の 「力の配分のバランス」 を診ます。


120問の設問に
答えていただきます。
回答結果を600の要素
に分類して集計します。
分析データから、今後、
具体的にどのように行動したら
いいか、的確なアドバイスを
メンタルコンサルタントより
提供します。

  集中バランス分析−設問の回答


 120問の設問に答えていただきます。
成功するテスト

  集中バランス−分析


 設問に答えて頂いた結果を、600の要素に分けて分析します。
 大きく分けて、下記の4つの特性を測定しています。
  1) 意欲が湧く欲求の種類 ※1
  2) 欲求を満たすために現在行なっている手段
  3) 達成を妨げてしまっている要因
  4) 自他との関わり方
         ※1 欲求のないところには、義務的意欲しか生まれません。
         その人にとって何があれば、前向きな意欲が湧くのか測定しています。
成功するテスト

  集中バランス分析−カウンセリング


 分析データから、今後、具体的にどのように行動したらいいか、どのように指導するとよいか、
  「その人の強み」と「強化する必要があるポイント」を明確にして、
 的確なアドバイスを、メンタルコンサルタントより提供します。
 自社内で、組織のリーダーが指導できるようになっています。

    ■この方のモチベーションがあがるきっかけ
自分自身に誇りを持てること、他者によいところを認めてもらうことに喜びがあります。
金銭の獲得について、必要な分を稼げることが、やる気のきっかけとなります。

■強化する必要があるポイント

正義感があり、新規分野への視点、他者への支援行動など、良い特性を持っていますが、 今は、他者や自分の良いところを見つけることができない状態にあります。
現段階では、自分自身の良いところを再発見する必要があります。

■留意事項

注意信号です。
自己不信、他者不信による自己嫌悪が生まれ、それを隠すための、 他者から良い評価を得たいという評価維持機能が高くなっています。
他者に責任を依存することが少ないため、孤立してしまう傾向がありますので、 自信を取り戻すために、良い点を見かけたら誉めて差し上げる機会を頻繁に作ってください。


■本人へのアドバイス

あるべき姿が見え、人に尽くす良い特性を持っています。
また、何か新しいもの、別のアイデアがないかという多角的な視点があります。
しかし、今は自分自身の判断に迷い、これでいいのか自問自答に苦しんでいます。
そして、人も自分も、良いところが見つからず、それでも、それを悟られまいと気を張っています。
あなたの強みは、正義観と新しいアイデアの発見、そして他者に尽くす、その行動力です。
一つひとつ、あなたの良さを再認識してください。


  あなたへのメッセージ


ひとは生まれながらに社会貢献をする使命を持っています。
その使命は人により “夢、希望、目標” として、様々に散りばめられています。

すべての人の特性は、生得的特性や、環境に支配される後天的特性との混合によって形づくられています。
それは必ずしも、自分にとって望ましいものであるとはいえませんが、
自らの意思で望ましいものを目指すときと、そのまま放置し続けるときがあります。

この分析ツール 『成功するテスト』 は、
「よりよい自分創りの支援と、自己に潜む不都合を的確に把握し、改善を呼びかける」ものとして
快適に使命に向かう力を整えるために開発されています。


その上で、企業が求める人材は、企業方針にそって目的を完遂する人です。
そのような人は、企業方針と自己の目的意識を合致させるための力として、 先ず
自分自身を駆り立てるもの=強い欲求を持っています。
そして、その欲求を正しく叶えるため、知識や状況判断、行動力などのエネルギーを駆使します。

『成功するテスト』 は、これらの欲求の強さやエネルギー配分を測り、
「客観的な指標」でグラフ化し、現状をみるとともに、強化ポイントを明らかにして、
目標へ向かって邁進する力を、自分自身で育てるための習慣的な刺激剤となります。

すべての人は、違って、不完全でいいのです。

人はお互いに違うのだという認識があって初めて人は、自分らしく生きてゆけます。
安心して業務に集中できるのです。

真のメンタルリスク対策は、個々の特性を補完し合い、
目標に向かって共同で実現できるための、会社の仕組み造りです。


リーダークラスの人材は、「人を観る視野を広げる」 自分自身への刺激剤としてください。



TOPへ戻る